手越祐也・ドラマ初主演で初時代劇のしゃばけ動画

手越祐也・ドラマ初主演で初時代劇のしゃばけ動画

11月24日の土曜プレミアム、じゃばけシリーズ第1弾「じゃばけ」

手越祐也はドラマ初主演で、しかも初時代劇だったんですね。
時代劇ということで、一番難しかったのは言葉遣いだったそうです。

ドラマ「しゃばけ」は、170万部を超える畠中恵のベストセラー作「しゃばけ」をドラマ化したもので、時代は江戸時代後期。

手越祐也は、回船・薬種問屋の若旦那役ですが、床に就いている方が長いくらいの病弱体質で、手越とは正反対の役どころを演じています。

摩訶不思議な妖たちとともに、連続殺人事件を解いていくストーリーで、出演者の殆どが妖怪なんですね。ステージで歌い踊っている手越祐也とはまた違った魅力が発見できるドラマです。

手越祐也が演じる一太郎を援護する鈴彦姫役は、16才で妖艶な魅力の早乙女太一が演じています。



headlines.yahoo.co.jp

芸能人 - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL